9月後半 その2~とにかく豚メールを送るのです

9月後半 その2~とにかく豚メールを送るのですの情報ページです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このころは、豚ちょきですべきことはまだまだ少なかった
ので、実は豚メールに一番時間を費やしていました。
入会当初は、サイトに関する質問もありましたが、
このころにはすっかり慣れています。

でも、メールを送る習慣はできています。送ると必ず
返事が来ます。私も返事は出す方なので、止まりません。
今日は何件登録したとか、今後の見通しはといった
業務連絡が2割。8割は雑談でした。

netseedさんとは、投資関係の話が主でした。
私が商品相場を手がけていたので、そこでの取引手法
なんかの話をしていました。

さあや☆彡さんとは、歳が近く、それぞれ子供がいる
こともあって、日常生活の話題を元に、そこからいろいろ
派生していく感じでした。「これはメル友の会話ですよね?」
「メル友でいいですよ」ということで、この時期は雑談
ばかりしていました。

豚メールをどのように使うのかは、個人差が大きいと
思いますが、私にとっては、雑談を重ねて自然に打ち解けて
いく過程で信頼関係が築けたことが大きかったですね。

豚ちょきの親子関係は、子の活動が親の利益につながる。
親は、子の活動を支援する。という点で、ゆるやかな契約
関係ととらえることができます。そういう観点からすれば、
双方が定められたことをきちんとすれば十分です。

けれども、そこは人間のやること。どこかで共感できる
部分が見つかると大きな強みになります。

相手のメールアドレスすら知らない匿名のメールでも、
その向こうには「人」がいる。その温かさと心強さが
豚ちょき活動のエネルギーになってくれました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。